合同説明会を能動的に

###Site Name###

合同説明会は説明を聞いているだけなので、情報量としても多いわけではないです。

同じ時間なら動画で倍速再生して同じようなものを見た方が良いでしょう。

そのため、能動的に参加しなければあまり意味ない場合が多いです。

たとえば聞いているだけでなくこちらから主催者側になにか質問するなどです。



そのためにはもちろん目標が必要で、それがない状態であれば質問することもないか、もしくはどうでも良いようなことを聞いて終わりでしょう。

上述のような状態であればまずは準備が必要です。

自分が何かできる準備ということで、むしろ能動的に働きかけることが特に考えても思いつかないのであればその合同説明会に参加する意味はないということになります。


なぜなら単になんとなく情報を聞くだけならネットの方が圧倒的に効率的ですし、雰囲気を感じると言ってもそれも動画でだいたいわかる場合がほとんどでしょう。

よく生で体験すると動画で見るのとは全然違うという話がありますが、それはこのような合同説明会のようなものではなくてもっと能動的なもののことでしょう。



たとえばスポーツは当然ですが見るのとやるのとでは全然違います。



受動的なもので言えば映画は映画館で観た方が良いですが、説明会は映画ほどの臨場感はないです。ネットを有効活用している人は多いですが、文字コンテンツに偏っている場合が多いです。

文字でうまく情報を処理できる人は良いのですが、文字を読むのが苦手なら動画が良いです。