合同説明会は中堅・中小企業を知る絶好の機会です

###Site Name###

求人企業と求職者の出会いの場として地方自治体や各種団体主催で合同説明会が開催される事がよくあります。
合同説明会には多くの企業がブースを構え、自社のPRなどを行い、求職者は興味のある企業の説明を聞く事ができると言うシステムです。



参加企業は大企業よりも中堅・中小企業が一般的には多いものです。



こうした企業では、個別に企業説明会を開催しても、中々人が集まらないのに対し、多くの求職者が集う合同説明会では広く企業PRできるのが大きなメリットとなっています。

また、こうした催しは、求職者にとっては中々出会いのない中堅・中小企業の説明を聞く事ができ、しかも個別企業の説明会ではその企業の説明しか聞く事ができないのに対して、多くの企業の説明を聞く事ができると言う利便性があります。

快適生活!一戸建てメリメリメリットの人気を今すぐチェックしよう。

もちろん、単に漫然と参加するだけでは企業情報の表面的な事しか知る事ができず、しっかりと目的意識を持って参加し、聞きたい事があれば適切な質問で疑問点をクリアーにする等の積極性が必要と言えます。

合同説明会では、もちろん一般的には求職者に対する企業説明・PRが中心ですが、その場で1次面接を行われる場合もあります。また、面接はなくても、企業側は自社のブースに集まって説明を聞いている求職者の観察はしっかりと行っているもので、参加する場合には、単に興味本位で参加するのではなく、真剣に企業研究の場として活用すると共に、説明会においてすでに就職活動がスタートしている事を認識して参加するのが重要です。